6.カーテンの生地色々1

ところでカーテンにはどのような生地が使用されているのでしょうか。皆さんはそんなカーテンの生地について考えてみたことが有りますか。皆さんの家にも必ずカーテンが有るかと思いますが、ではそのカーテンの生地は一体どのような生地で出来ているのでしょうか。皆さんもこの際いい機会ですので、皆さんの家のカーテンの生地にも注目してみては如何でしょうか。ここではカーテンの生地の素材組成と、その機能に関して紹介していくことにします。
それでは実際にカーテンの生地に使用されているものには、一体どのような種類の生地が有るのでしょうか。カーテンに使用されているカーテン生地素材は一般に綿、ポリエステル、アクリル、レーヨン、それに絹等が使用されています。これらは何れも私達にとって御馴染みの生地だとも言えるでしょう。ですが、カーテンのそれぞれの素材の持つ特徴は,一長一短有ります。ここではそれぞれの生地について、その特徴を一つ一つ見ていくことにしましょう。
①カーテンによく使用されている生地その一 綿
綿はカーテンのみならず、私達の周囲の衣料品で最も馴染み深い生地の一つです。そんな綿はカーテンにもよく使用されています。皆さんも御存知かと思いますが、綿は吸湿性がよく染めやすく、そして天然繊維の持つ風合が有ります。その一方で綿は色落ちし易く、そして皺になり易いといった欠点も有ります。また最初には洗い縮みすることも有りますので、注意が必要です。
カーテンによく使用されている生地その二 ポリエステル
このポリエステルも私達にはすっかり御馴染みの存在です。私達の衣料品としてもよく使用される化学繊維です。もっともポリエステルは皺になりずらくて形ずれもしないし、尚且つ温度にも強いといった特徴が有ります。その一方でポリエステルは静電気がおきやすく、そして汚れが付きやすいといった欠点も有ります。
カーテンによく使用されている生地その三 アクリル
現在はこのアクリルを利用したカーテンも沢山有ります。このアクリルの特徴としては、アクリルはボリュームと保温性に優れていて、尚且つ軽いといった特徴が有ります。また皺になりにくくて、尚且つ色がきれいで、また色あせしないと言った長所が有ります。その一方で火に弱いと言う欠点も有ります。
カーテンによく使用されている生地その四 レーヨン
最近はこのレーヨンのカーテンも多く見かけます。レーヨンの特徴としては、吸湿性が良いと言った点が挙げられます。それから比較的安価で、そして染色性に優れているという長所も有ります。その反面吊り伸びや洗い縮みがしやすいと言った欠点も有ります。
カーテンによく使用されている生地その五 絹
絹も私達にとってはすっかり御馴染みの生地です。絹の場合、何と言ってもあの肌さわりと、それに高級感が一番の魅力です。また絹は吸湿性に優れていて、独特の光沢と高級感が有ります。その一方で絹の場合どうしても生地が高価になってしまい、またドライクリーニングが必要となります。

如何でしたか。一口にカーテンと言っても、実に色々な生地が有る事がお分かり頂けたかと思います。現在は本当に色々な生地のカーテンが有ります。そしてそれぞれの生地によって様々な特徴が有ります。当然長所と短所とが有ります。実際にカーテンを選んで購入する場合には、カーテンの生地のこれらの特徴を考慮しながら選ぶことになります。

Valuable information

シャープ
http://www.sharp.co.jp/