7.カーテンの生地色々2

数あるカーテンのうち、例えばレースカーテンやシャワーカーテン等でしたら、一般的にポリエステル生地が多く使われています。ポリエステルの場合繊維が細くて縮まず、そして皺になりづらくて、尚且つ熱にも強い等といったポリエステルの特徴をよく生かしています。
また一般のドレープカーテンの場合でしたら、そのカーテン生地は実に千差万別で、それ故色々な組み合わせが出来ます。勿論各素材単体でも使われていますので、一概にカーテンにはこの素材が良いとか、逆に悪いとかは言えません。従ってカーテンの生地を選ぶ際には、自分の好みやカーテンの使用状況、それにカーテンの予算等を考えてカーテン生地を選びたいものです。
また最近でしたら色々な機能を持ったカーテン生地も生まれています。例として順に挙げていくと、例えば防炎性、耐光性、抗菌防臭性、消臭性、遮光性、消臭性、溌水性、防汚性、制電性等等、実に色々な機能や特徴を持ったカーテン生地も沢山有ります。従ってそれぞれの目的や用途に応じたカーテンを選んで使用すると良いでしょう。
またカーテンも洗濯することが有ります。そして言うまでも無く洗濯をすると、生地によっては縮んでしまうことも有ります。そんな洗濯のことも考えて洗濯絵表示や、或いは寸法変化率等をチェックすることも、カーテン選びの際に大切なことです。皆さんもそのことを頭に入れておくとよいでしょう。
それから最後になりますが、カーテンを実際に購入する際、気になるカーテンの価格、割引率、縫製、それにブランドについて紹介していくことにします。
カーテンを購入する方法としては、大きく分けて二つの方法が有ります。それは既製品のカーテンを購入する方法と、それからオーダーカーテンを利用して購入する方法との二つが有ります。
そのうち後者のオーダーカーテンの場合、オーダーカーテンの販売価格には、一般的に割引率の大きなカーテンメーカーから、はたまた実売価格に近くて割引の殆ど無いカーテンメーカーまでが混在します。またカーテンの縫製グレードに関しても色々有ります。例えば一部のカーテンメーカーでは、ハイグレード縫製を標準縫製仕様としていて、まさに高級縫製に拘っているカーテンのメーカーも有ります。
また商品グレードも同様です。例えば同一のカーテンメーカーの中にもリーズナブルな低価格の帯生地を多く集めたサンプル帳、レギュラーな中・高級品を主体に集めたサンプル帳、それに有名ブランドや輸入品、最高級品を集めたサンプル帳、はたまた低価格帯から高級品まで幅広く紹介したサンプル帳までと言った感じで、実に多種多様に存在しています。どのメーカーのどの値段の、そしてどの生地のカーテンを購入するかは、勿論消費者が自分の好みで選択すればよいでしょう。ここではカーテンメーカーの名前は省略しますが、以上で紹介した内容に簡単にまとめることにします。
①比較的割引率の高いカーテン
②実売価格に近いカーテン
③ハイグレード縫製を標準縫製仕様にするカーテン
④ブランド品・輸入品・高級カーテン
⑤コントラクトカーテン「病院医療用、教育施設用」等のカーテン

以上一般的なオーダーカーテンについての例を掲載しました。皆さんも周囲のカーテン、或いはカーテンメーカーについて皆さん自身の視点で以って見つめ直してみても面白いのではないでしょうか。

おすすめWEBサイト 5選

日立
ターボライター