壁紙の上手な選び方及び使い方

カーテンは現在部屋のインテリアを語る上で、非常に大切な存在になっています。カーテンはインテリアの重要な一部分となっています。インテリアに興味の有る人ほど、カーテンにも拘っている、とも言えるのではないでしょうか。
インテリアに大きな影響を与えるアイテムはカーテンだけでは有りません。カーテン以外にも、所謂壁紙(クロス)が有ります。皆さんもここで皆さんの部屋の壁紙(クロス)について考えてみませんか。壁紙(クロス)を美しく、そして上手に利用する、このことも部屋を美しく、そして明るくする為の方法の一つです。ここではそんな壁紙(クロス)に関する話を紹介していきます。
ところで一口に壁紙(クロス)と言っても、色々な壁紙(クロス)が有ります。数ある壁紙(クロス)の中から、どうやって最も相応しい壁紙(クロス)を選べばよいのでしょうか。ここではまず壁紙(クロス)の選び方に関して紹介します。
壁紙(クロス)は当然自分の部屋に合わせて選ぶことになります。部屋に合わせた壁紙(クロス)の選び方としては、壁紙(クロス)の色合いや柄、それに素材、特性、価格を見て選びます。それから部屋の床、天井、窓枠の色、カーテン、家具、装飾品、それに部屋の大きさと照らし合わせて壁紙(クロス)を選択します。勿論壁紙(クロス)の種類、それに使用目的等も考慮します。これらを総合的に考慮し、そして皆さん自身の部屋の雰囲気を考え、そして部屋のインテリアをトータルでコーディネートする様な感じで壁紙(クロス)選ぶと良いでしょう。難しいように思えますが、実際にはそれ程難しいものでもないでしょう。また壁紙(クロス)張り替えの場合は、今までの壁紙(クロス)とは思い切ってイメージの違う壁紙(クロス)を選んで、そして部屋の装いをこの際がらっと変えてみるのも良いでしょう。
それでは壁紙(クロス)の色調(カラー)には、一体どのような種類が有るのでしょうか。
一般的には、壁紙(クロス)は圧倒的に白っぽいものが多くなっています。それを基調に多少色合いが入っている壁紙(クロス)になるわけです。ですが個人の好みによっては、壁紙(クロス)の色を少し大胆に使ってもよいでしょう。また個性的な色の組み合わせの壁紙(クロス)でも、特に若い人には好まれる事も有ります。皆さんはどのような色調の壁紙(クロス)がお好きですか。
ここまで壁紙(クロス)の色、色調について考えたので、ついでに壁紙(クロス)の柄についても考察してみることにしましょう。壁紙(クロス)の柄にも、色々な種類の柄が有ります。それは例えば全くの無地から織物調の柄、更には花柄や石目調、ストライプ柄等、実に多種にわたって有ります。従って実際に壁紙(クロス)を選ぶ際には、それぞれの部屋の広さ、それに壁紙(クロス)を使用する目的に合わせて使い分けるとよいでしょう。 
例えば家の中のトイレや洗面所でしたら、花柄やタイル柄等、多少大胆な柄や色を使ってみるのも良いでしょう。
一方で和室の場合でしたら、所謂ジュラクや和紙柄調、または和風の落ち着いた柄物の壁紙(クロス)も良いでしょう。また天井には木板目柄や、或いは民芸風織物柄の壁紙(クロス)も使います。
洋間や寝室の場合には例えば落ち着いた柄の壁紙(クロス)がいいでしょうか。それかまたは反対に、艶やかでそして豪華な雰囲気の柄の壁紙(クロス)を選んでもいいでしょう。そうすることで、夢のある楽しい空間が生まれます。
更に子供部屋の場合でしたら、カジュアルな柄の壁紙(クロス)を選んでも良いでしょう。しかしながら後の子供の成長も考えて、飽きの来ない柄の壁紙(クロス)を選ぶ事も大切な事です。
また最近でしたら、また新しい傾向も有ります。それは各部屋に所謂ボーダー(トリム)を天井と壁、それに窓やドア枠をトリミングし、アクセントとする方法です。或いは壁の腰上と腰下とを張り分けたりする事で立体感を出す、と言った方法も有ります。特にインテリアのリフォーム(クロス張り替え)では、今までとまるで違う部屋の雰囲気、それに部屋の豪華さとを簡単に作り出すことも出来るようになりました。こうした手法も最近はよく使用されるようになってきました。

如何でしたか。皆さんも壁紙(クロス)を上手に使って、皆さんの部屋のインテリアに拘ってみませんか。